契約したエステのコースを中途解約したい場合

エステで長期間のコースを組んだはいいけど、支払が厳しくなってきたり忙しくて途中から通えなくなった、または当初考えていたよりもあまり効果がなかったり、次々と必要なのか分からないものを追加させられたりなどなど、これ以上エステに通うことはできない(行きたくない)と思うようなケースに遭遇する場合もありえるでしょう。

契約してから8日間であれば、消費契約法に基づいて全てをなかったことにできるクーリングオフという制度があるのですが、その適用期間である8日間を過ぎてしまっている場合は中途解約という形で、コース終了を待たずに途中でエステの契約を解消することができます。

そしてこの中途解約もクーリングオフと同様に、条件を満たしているのであれば消費者側の権利として理由もなく行うことができますので、解約する側の消費者は「エステ側に悪いかな?」と思う必要もありません。

ここではそんなエステにおける中途解約について、条件・やり方・注意すべき点など詳しく解説していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

中途解約を成立させる上での条件と発生する違約金について

まず中途解約をする上で必要な条件として、

・契約期間が1ヶ月を超えている
・契約金額が5万円を超えている

この2つの条件を満たしている必要があるのですが、まず実際に中途解約したいとお考えの方に前提として理解していただきたいのが、クーリングオフのように契約自体をなかったことにするというものではないことです。

そして契約成立後に途中で解約をすることになりますので、損害賠償としてエステ側に違約金を支払う義務が発生してしまうのです。

ではその違約金の具体的な値段についてなのですが、

・サービスを受ける前であれば2万円
・サービスを受けた後では、2万円または契約金額の10%の内の金額が低い方+既に利用したサービスの金額

以上のような違約金が、どうしても発生してしまいます。

ただそれでも、まだ受けていないサービス分に関しては当然ながら返金されますので、「なぜ自分がお金を払わないといけないの?」と納得ができない方や、やりとりが煩わしいと感じる方もいるとは思いますが、やはり契約を解約したいのであればここは必要になります。

そして次にエステコースではなく、化粧品・サプリメント・健康食品・美顔器・補正下着など購入した商品についての解約なのですが、これは少しややこしくなっていますので注意が必要です。

そもそもエステで販売・購入する商品というのは「関連商品」と「推奨商品」の2つがあり、

・関連商品:エステで施術を受ける上で必要不可欠な物
・推奨商品:エステで施術を受ける上では関係なく、推奨されたから購入したもの(エステティシャンからセールスを受けたり、おすすめされて購入したもの)

という2つの種類があり、関連商品であれば返品して解約することは可能ですので当然その分の料金は返金してもらえるのですが、推奨商品の場合だと開封・使用してしまったものに関しては解約不可になります。

ただしおすすめされた推奨商品であっても、商品を購入した時の状況がおどされたり勧誘がしつこかったからしかたなく購入した場合や、「コースに必要な物だから」という理由で購入させといて推奨商品と記載している場合などは、サロン側との交渉になると思いますが解約することは可能です。

以上のような関連商品と推奨商品については、契約書の中にしっかりと記載されていますので解約をお考えの方は一度確認してみて下さい。

中途解約した時に返金される金額と違約金の具体事例

ここで1つ中途解約に関して理解を深めるために、違約金はいくらでどれぐらい返金されるかについて具体的な例を出してみたいと思います。

<*事例1、総額30万円のコースを契約したA子さん>

コース料金が1万円×30回で、既に10回分のサービスを受けている場合、

・1万円×10回=10万円

・違約金2万円

総額12万円をエステ側に支払う必要があり、差額の18万円が返金されます。

<*事例2、キャンペーン割引料金(60万円→40万円)で契約したB子さん>

通常はコース料金が3万円×20回なのだが、キャンペーンで特別に2万円×20回という値段で契約し、既に10回のサービスを受けている場合、

・2万円×10回=20万円
・違約金2万円

ここではあくまでもキャンペーン料金が適用されますので、総額22万円をエステ側に支払う必要があり、残りの差額の18万円が返金されます。

もしもエステ側に、「解約する場合はキャンペーン料金ではなく通常の金額である32万円になる」と言われた場合は違法な請求になりますので、これについてはもちろん支払う必要は一切ありません。

中途解約のやり方や清算に関する注意事項

<中途解約の手続きの方法>

では次に中途解約をするとしてどのような方法で行えばいいかなのですが、クーリングオフのページは8日間という時間的な制限がありますので一方的に書面を送りつけることを推奨しましたが、中途解約であればまずは契約したエステサロン側に口頭で中途解約することの旨を伝えてみると良いでしょう。

そこで解約するとなるとエステ側も本人様確認をする必要がりますので、電話で伝えて終了というわけにはいかず恐らく来店する必要があるかと思います。

ですので、もし気弱な性格で言いにくかったりエステ側に強気な態度をとられてしまうことを心配されているのであれば、家族・友人に付き添ってもらう形で1人では行かないようにすれば良いでしょう。

その時にエステ側が何の問題もなく中途解約に応じてくれれば万事解決なのですが、引き止めようとしてきたり中途解約の申し出を拒否してくるなど、悪質な対応をされた場合にはクーリングオフと同様に書面にて内容証明郵便を送ったり、消費者センターに相談するといった選択肢がありますので、ここで決して泣き寝入りしないようにして下さい。

清算について

そして無事に中途解約の申し出がエステ側に受理されたのであれば、料金に関する清算・返金が行われるのですが、コース料金を一括前払いで全額支払いしている場合は、既に受けたサービスの価格と損害賠償としての違約金を差し引いたお金が返金されて終了です。

その場合は分かりやすくていいのですが、エステではトータルの金額が比較的高額になってしまうケースが多く、現金ではなくクレジット会社で分割支払いをしている人もたくさんいると思いますが、その場合はエステ側だけでなくクレジット会社に対しても解約の申し出をする必要があることを忘れないで下さい。

これはそもそもエステの契約とクレジット契約は全くの別物になりますので、どうしても個別に解約の旨を伝えなければならず、エステとは解約できているけどその後もクレジット会社からお金が引き落とされているなんてことにならないよう、ここはしっかりと確認するようにしましょう。

また悪質なエステの場合は、クレジット契約の方にクレジット解約手数料という名目で違約金とは別に手数料を請求してくるようなケースもあるようですが、これらの手数料は本来加盟店側に支払う必要があり、消費者側に支払い義務は一切ありませんのでご安心下さい。

関連コンテンツ

このページの先頭へ