エステに足を運ぶ時にメイクして行くべきか、すっぴんで行くべきか

エステで施術を受ける時はメイクをせずにすっぴんのままお店に行ったほうが良いのか、特にフェイシャルを受ける方は悩むところだと思います。

これは各サロンごとに方針が変わりますので、もし不安でしたら電話で確認するのが一番だと思いますが、結論から言うとどちらでも構わない場合が大多数です。

なぜならほとんどのサロンでは化粧スペースが設けられていますので、予約時間よりも早めに行ってそこで始まる前に自分で落としても構いませんし、フェイシャルでしたらコース内容の最初に、洗顔・クレンジングは含まれている場合がほとんどだからです。

実際にエステに通っている方の意見としては、自分が行くサロンが近距離にある場合は堂々とすっぴんで行くか、道中はマスク・サングラス・帽子などで顔を隠している方が多いようです。

逆に電車を乗り継ぐなどで自宅からも比較的距離があるサロンに通っていたり、会社帰り・用事が終わってからエステに行く場合は、さすがにすっぴんで外を出歩くのは抵抗があるということで、そんな場合はサロンの中で化粧を落とすという方が多いようです。

このように来店する際のメイクに関しては個人の都合で自由にして構わないのですが、一応の注意点としてやはりエステは施術時間が限られている中で行われますので、落ちにくいウォータープルーフのマスカラやアイライナーなどは避けた方が良いかもしれません。

なぜなら下手をするとメイクが取りきれないままにコースが始まってしまうと、その個所はトリートメント効果が薄れてしまったり、またメイクを落とすことに時間を割いてしまってその分施術時間が短くなってしまうなどの可能性があるからです。

施術が終了してからのメイク・帰宅について

次に施術が終わった後のメイクについての解説なのですが、もしその後どこかにでかける用事があるならサロンでしっかりとメイクをしてもいいのですが、サロンによって用意されているメイクスペースは大きく変わることも頭に入れておいてください。

これは個別のパウダールームなど整った環境が用意されているサロンであれば問題ありませんが、簡素なドレッサーのみしか用意されていなく、先客が使用していて自分の番まで待たないといけないというサロンもたくさんありますので、その後の用事に遅れてしまう可能性があるからです。

なにより、トリートメントによってせっかく美容成分を浸透させてツヤツヤになった状態ですから、その恩恵を最大限享受できるようにその日はメイクはせずに基礎化粧品程度で済ませてそのまま帰宅するのが一番のおすすめです。

ですのでエステに行くというのであれば、その後の用事が何もない日に合わせて予約を取ってすっぴんで帰宅するというのが一番理想的ということになるでしょう。

ただし紫外線が強い季節や時間帯、超音波機器を使うなどコースの内容によっては肌が敏感になっている場合もありますので、トラブルを避けるためにUVクリームなどで最低限の紫外線対策だけはしっかりと行うようにした方がいいでしょう。

関連コンテンツ

このページの先頭へ