エステでは一体どんな格好になるのかで不安を感じている方へ

エステのマッサージはオイルやクリームを塗ったり気になる個所にマシンを使ったりするので、1度もエステに行ったことがない方は、施術中はどんな格好になるのか不安に感じてしまうことがあるかもしれません。

自分が今まで経験がないことなので、「もしかして全裸の状態で行われるのでは?」「恥ずかしい思いをするんじゃないの?」と思っている方は意外と多いようですので、このページではエステサロンに入店してから施術中の状態について解説していきます。

もちろんサロンによっての違いやコースの内容によってそれぞれ異なるので一概には言えないのですが、一般的にはまず入店してロッカールームから施術室までの移動では、バスローブやガウンなどを渡されますのでまずはそれを羽織ります。

また施術中の格好も、サロン側から渡される使い捨ての紙パンツや紙ブラジャーに着替えて施術を受けるというのが普通ですので、もしかすると海外のエステではあるかもしれませんが、日本のエステサロンで全裸になるというのはあまり聞いたことがないのでここは安心していいでしょう。

それでは以下において、さらに細かく解説していきます。

コース別にこんな格好になることが多いという具体例

それでは施術中にどんな感じなのかをコース別に解説すると、

痩身

まず痩身の場合は、先述した紙パンツや紙ブラジャーを着用することが多く、お尻や胸などにマッサージをする場合はそれらをまくって施術を行ったり、または紙ショーツだけを着用してあとは大判のタオルで隠すというのが多いです。

フェイシャル

フェイシャルは基本的に顔がメインになるのですが、首からデコルテにかけてや背中のマッサージもコースに含まれていることが多いので、お店専用のガウンや首元まで空いたキャミソール、前述した紙ブラなどに着替えるのが一般的で、下半身は私服のまま着替えない場合や、着替えるにしてもショーツを渡されたりすることが多いでしょう。

脱毛

脱毛は私服のままで照射する時になったらまくりながら施術する場合や、サロンのガウンに着替えたりタオルで隠しながらなど行う個所によって恰好は変わります。

そして一番気になるのがVIOラインの脱毛に関してだと思うのですが、その場合は下は全部脱ぐというサロンもあるようですが、こちらも紙パンツをずらしながら行われたり、専用のTバックに着替えることなどが多いです。

例えどんな格好になったとしても恥ずかしく思う必要なし!

エステでの施術中の格好は以上のような感じになり、どちらにしても裸に近い恰好を他人に見られるのは恥ずかしいという気持ちは分かりますし、それがネックになってエステに行きたいけど不安に感じ二の足を踏んでしまうという方もいるかと思います。

ですがエステ側はお客様のそんな気持ちを十分理解していますし、あなたが施術をしてもらうのはそれを自分の飯の種として仕事にしている紛れもない「プロのエステティシャン」です。

受ける側であるあなたの方は気にするかもしれませんが、サロンのエステティシャンというのは仕事上今まで何十人~何百人の女性の裸を見てきていますので、少し見えたからと言ってもそれは珍しいものでも何でもありませんし、そもそもそのエステに行っている女性はみんなあなたと同じ格好で施術を受けています。

最初の1~2回目ぐらいまでは抵抗があるかもしれませんがそれもすぐに慣れるでしょうし、そもそも美しくなるためにエステに行くわけですので、施術中の格好のことなど些細なことはあまり気にせず、安心して全てをエステ側に任せてしまって何の問題もありません。

関連コンテンツ

このページの先頭へ