エステの予約をしたのにもしも生理になった場合について

エステを受ける前日や当日になった時点で、急に生理がきてしまったというケースは少なくないでしょう。

キャンセル料が発生してしまうことや、せっかく予約を入れたのに行けなくなるというのはもったいないですし、もしそれが客足が絶えないような人気サロンの場合だったら、自分のスケジュールが空いてて次に予約が取れるのが1ヶ月以上先なんてこともありえるかもしれません。

できれば予定通り施術を受けたいというのは当たり前なのですが、実際のところ生理中にエステに行っても大丈夫なのかどうか分からない方も多いと思いますので、このページでは以下に解説していきます。

生理中でも施術を受けるとしての注意すべきポイント

まず基本的には、生理中の来店がNGなのかどうかに関しては各サロンの方針によって異なりますので、まず生理でも良いのかどうかをあらかじめエステ側に聞く必要があります。

ここで間違っても自分だけの判断で、生理であることを隠しながらタンポンを入れて施術を受けるようなことはサロン側にも迷惑をかけてしまうことになりますので、これは必ず相談するようにしましょう。

ただ生理中はホルモンバランスが変化しやすく、エステの施術を受けることで肌トラブルを起こしてしまったり体調を壊してしまう可能性がありますので、どのエステだったとしても生理のお客を積極的に迎え入れてくれるお店というのはあまりないと思います。

また受ける施術の内容によっても大丈夫かの判断は異なると思うのですが、これが例えば脂肪を燃焼させるために強力なハンドマッサージやマシンを使うような痩身コースだと、血行や発汗を促すことで出血量を増やしてしまうことに繋がったり、貧血など体調を著しく悪化させてしまうケースというのは十分に考えられます。

また脱毛に関してなのですが、VIOラインなどのデリケートゾーンの脱毛を生理中に受けようと思う方は少ないと思いますが、それでもワキや腕などの箇所であればあまり関係ないので大丈夫のような気がします。

ただし生理中というのは肌が普段よりも敏感になってしまっていることが多いので、施術を受けてもいつもより痛みが強く出てしまったり、施術後に肌が赤くなることや火傷を起こしてしまうといった現象を引き起こす可能性が高くなりますので、これもやはり注意が必要でしょう。

それとは逆に、フェイシャルやリラクゼーション目的のオイルトリートメントの場合であれば問題なさそうなのですが、ただし生理中のホルモンバランスの関係で通常よりも得られる効果が減少してしまうといったことは考えられます。

先に書いたように、生理中にエステに行って施術を受けられるのかどうかはサロン側の判断によって決定しますので、まずは問い合わせてみることです。

ただ基本的には美しくなるためやリラックスしたいという目的があってエステに行くわけですので、当サイト的な結論としては、生理中であれば多少もったいなくてもその日はキャンセルし、万全な状態になってからサロンに足を運ぶことをおすすめします。

関連コンテンツ

このページの先頭へ