妊娠中でもエステに行きたい方へ

妊娠中の妊婦さんはお腹にいる赤ちゃんの重みによって腰痛気味になってしまったり、どうしても体内のホルモンが崩れてしまうことで肌トラブルが増加することや、体がむくみやすくなったりと様々な悩みを抱えている方が多いようです。

たとえ妊婦であっても女性として美しくありたいと思うのは当然ですし、妊娠中はそれでなくてもいろいろとストレスが溜まりやすいので、リラックスするためにトリートメントを受けたいという気持ちは分かります。

また授かり婚の方の場合は、妊娠中のまま結婚式を向かえる方もいますので、式当日のためにブライダルエステを受けたり、妊娠したまま新婚旅行に行くことになり、その旅先でエステを受けたいという方も少なくないでしょう。

では実際に、お腹に赤ちゃんがいる状態でエステに行っても良いのでしょうか?

これに関しては、赤ちゃんに万が一のことがあってはいけませんので簡単に述べることのできないデリケートな項目ではありますが、以下で解説していきたいと思います。

妊婦さんがエステに行くなら以下の項目は必ず守るべき!

まず最も重要なことなのですが、自分の勝手な判断だけで動かないということで、エステに行きたいということを医師としっかり相談し、行くにしても必ず許可を得てからにして下さい。

それでは専門医からは許可が出ているという前提で、注意点をいくつか述べていきます。

エステ側にも妊婦であることを報告する

エステサロンは何かしらのトラブルがあった場合において、医療機関ではないので適切な処置ができないこと、また万が一訴訟沙汰になるようなことは絶対に避けたいので、エステ側としては妊婦の方への施術は基本的にあまり歓迎しておらず、来店を断るサロンがの方が多いと思います。

それを踏まえた上で、施術を受ける前に自分が妊婦であることをエステ側にも必ず報告することと、またこれはないと思いますが断られるのが嫌なので妊婦であることを黙って施術を受けるということは、誰の為にもなりませんので絶対にしないで下さい。

体に負担がかかるような内容はNG

エステのコース内容についても、ボディを強く揉み出すマッサージや、超音波や赤外線を発生させてケアしていくマシンを使う痩身コースなどは、流産の危険性や胎児に負担がかかりすぎますので避けるようにすること。

また妊娠中はお肌が敏感になっていますので、脱毛(レーザーやフラッシュ)に関しても痛みを強く感じたり、肌に赤みなどダメージが残ったりする可能性がありますので、おすすめできません。

経過が順調で安定期に入っていること

しっかりとした胎盤が出来上がるのが14週~16週目ぐらいとされていますが、それ以前に施術を受けることは流産のリスクが高くなりますので避けた方が良いでしょう。

またつわりの症状が激しかったり、熱が続いていて体調がすぐれない場合も同様です。

やはり基本的にはおすすめしない!

フェイシャルやワキ脱毛などは妊娠中でもあまり関係なさそうですし、今では妊婦専門のマタニティエステというものもあり、これなどは多くの妊婦さんが利用しているようです。

このようなお店であれば、医師からもOKが出てサロン側にも事前に伝えていれば最大限考慮してくれるでしょうし、トラブルが起こる可能性というのは実際のところは非常に少ないのかもしれません。

ただし100%安全かどうかの確証はありませんので、もしものことが起きた場合にそれがエステで施術を受けたことが直接的な原因ではなかったとしても、その後の人生において大きな後悔をすることになりかねません。

リラックスしたい、美しくないたいという気持ちは分かりますが、妊婦というのはもはや1人の体ではないのです。

産後エステという言葉もあるように、健康な赤ちゃんを生んだ後からいくらでも行くことはできますので、まず大事なことはお腹の子供を優先してしっかりと安静にすることですので、当サイトの結論としては妊娠中にエステに行くことはおすすめしません。

関連コンテンツ

このページの先頭へ