そもそもメディカルエステって一体どんなところ?

最近は普通のエステだけでなく、「メディカルエステ」という言葉もよく耳にするようになってきて、メディカルエステの方が何となく良さそうだけど、足を運ぶ上ではちょっと敷居が高いかなというぐらいの感じで認識されている方が多いと思います。

メディカルの直訳は医療ということで、厳密に言ってしまうと効果や安全面など全てにおいて全然言葉るものなのですが、一般の消費者である私たちからすると「どこらへんがメディカルなの?」とか「エステとの具体的な違いは何なの?」といったように疑問に感じるところはあるでしょう。

そういうわけでこのページでは、そんな分かりにくいメディカルエステについて一般のエステとの違いを中心に、詳しく掘り下げていきたいと思います。

エステとは違いちゃんとした医学的根拠を持っている!

メディカルエステについて先に結論から言うと、施術メニューに関して国家資格を持つ医師が医学的な観点に基づいて監修・指導を行っており、また医療機関であるクリニックとの併設など、ちゃんとしたバックアップ体制を持っているエステサロンの事を指します。

それに対して通常のステティックサロンは、あくまでも美容を兼ねたリラクゼーションの場所ですので、施術メニューなども医学的な根拠はないので効果が約束されているわけではなく、アフターサポートも医療行為に抵触するような治療行為は一切できません。

またそこで働くエステティシャンは、持っていても民間資格であって公的なものではないことも併せて伝えておきます。

ただメディカルエステも医師と連携してはいますが、美容外科や美容皮膚科のようにメスを使うようないわゆる整形手術などの医療・治療行為を行うというわけではなく、そこはあくまでもエステティックの範囲内での施術になりますので、医療的な観点からすれば、

美容クリニック>メディカルエステ>一般のエステサロン

という感じで、クリニックとエステのちょうど中間的なポジションにあると考えれば、一番分かりやすいと思います。

一般のエステサロンとのさらに具体的な違いについて

上では医学的観点のある施術と抽象的な書き方をしていますが、一般のエステとの違いをさらに具体的に解説いていきます。

<取り扱っている薬剤の違い>

例えば代表的な所でいうと、フルーツ酸など薬剤を使用してニキビやシミの解消目的で行われる「ケミカルピーリング」などは顕著なのですが、メディカルエステでは受けることができますが、一般のエステでは厚生労働省の通達により禁止されています。

ですのでエステでのピーリングでは、医師管理の元でしか取り扱えない薬剤の使用は不可で、肌表面を整えるなどの美容目的として使用可能な濃度・pHのモノが採用されています。

<マシンの出力>

エステサロンでも、キャビテーションやエレクトロポレーションなどの美容マシンを駆使した施術が行われますが、これは同じマシンだとしてもやはり使用可能な出力には違いがあります。

マシンの出力においてもメディカルエステでは、ちゃんと医師の指導の元で高い結果を得られるメニューが組まれており、エステでは不可能な医療行為にあたる出力での施術を行いますので、両者で全く同じマシンを使ったコースを受けたとしても得られる結果に差がでることは否めません。

またこれと同じように、医療行為に該当するレーザー脱毛やフォトフェイシャルなども通常のエステでは取り扱うことはできず、光脱毛や光フェイシャルというコースの名前になっていますね。

<万が一のアフターケア・バックアップ>

これは冒頭でもお話しましたが、施術によって万が一何らかのトラブルが起きたとしても、エステサロンでは診断や薬の処方など治療行為は全て無理で、提携している病院を紹介するというレベルでしかありません。

その点においてもメディカルエステであれば、その場ですぐにお医者様から適切な処置を施してもらえますので、安全面においても格段の違いがあるでしょう。

ここまで説明すると「じゃあエステに行くよりも、メディカルエステの方が断然良いじゃないか!」と思われるかもしれませんが、両者を比較した場合の大きなデメリットはどうしても一般のエステよりも1回の料金が高額になることです。

効果の高いケアを受けられるといっても、手術ではないので1回で目標が実現されることはなく、定期的に受けるとなるとどうしてもコストは割高になってしまうでしょう。

そういう訳ですので、効果や安全性を重視するのか、それとも手軽さや敷居の低さを取るのかという個人の価値観や求めているモノによって異なりますので、優れているのはメディカルエステだと思いますが、一概にどちらがおすすめとは言い切れないところがあるのです。

関連コンテンツ

このページの先頭へ