エステにはどのような服装で行けばいいのか?

エステに生まれて初めて行く方は、どんな服装で行けばいいのか分からないということで、もしかすると不安に感じてしまっている場合も中にはいるかもしれません。

これは「エステの施術中の格好について」でも説明していますが、ガウンや厚手のタオル、紙ブラや紙ショーツなど違いはありますが、エステではそのサロン独自の格好が用意されていますので、自分の私服で施術を受けるということはほとんどありません。

ですので答えとしては、自分が好きな服装で行けばOKということになり、例えばジーンズにスニーカーのようなカジュアルな服装でも何の問題もありませんし、それでもやっぱり最初なので不安という場合は、念のために予約する際に電話でそのことを質問すると良いでしょう。

あまり気にする必要はありませんが、あえて細かい指摘をさせてもらうなら限らた時間やスペースで着替えをするわけですので、あまり脱ぎ着しにくい服装は避けた方が良いかもしれないこと、後は万が一体にオイルやクリームが残っていて服を汚してしまうことなどまで想定すると、あまりにも値段の高いブランド物の服を着ていくことは控えた方が良いかもしれません。

またそれらと付随しますが、施術するのに邪魔になるアクセサリー類はあらかじめ外しておくことや、そもそも紛失などトラブルの原因になるものは身に付けて行かないほうがいいというぐらいで、あくまでも自分がいつも来ている普段着で構いません。

その他についてこれも敢えて述べるとするなら、エステはあくまでも美しくなるための場所ですので、ジャージやサンダル履きなど近所のコンビニに行くようなあまりにもカジュアルな恰好で足を運ぶことは、女性としての美意識という観点からどうかとは思いますが、そもそもこのような極端な方はあまりいないと思いますのでこれは問題ないでしょう。

エステに行く時に必要になる持ち物・持って行った方がいい物

では次にエステに行く際に必要な物はあるのかということを説明すると、まず初回来店の場合は最初に本人確認をしますので、運転免許証など本人を確認するための身分証が必要になり、またこれも「未成年のエステと親の同意」で解説していますが、10代の学生など未成年の方は親の同意書が必要なサロンもあるので、これについては前もって確認をしておくこと。

また施術による発汗で化粧が崩れしたり、フェイシャルなどは洗顔をしてすっぴんの状態で行われますので、サロンを出てから人と会うなどの用事がある方やどうしてもすっぴんで帰宅するのが嫌という方もいるでしょう。

このような場合でも、各エステサロンで化粧セットは用意されていることが多いので、店に置いてあるコスメを使ってメイクをすればいいと思う方は特に問題はなく、また自分が普段使っている化粧品の方が良いのであれば、化粧道具一式を持参していくと良いでしょう。

さらにコンタクトレンズを付けている方は、目の周りのリンパを流したり、グイグイと目元のツボを刺激するフェイシャルコースを受ける場合は、落とすなど紛失するといけませんので施術前にコンタクトを外しておいた方がベターになり、その場合はコンタクトケースと保存液も必要になります。

関連コンテンツ

このページの先頭へ